lacolaco

唐揚げとアニメとプログラミングが大好きです

Angular commits summary 2018-02-28

github.com

Angular CLIが依存するwebpackのバージョンを4系にアップデート。

github.com

@angular/common が提供するパイプで使われている関数を公開APIとしてエクスポートする変更。 NumberPipeDatePipeの変換処理をテンプレート外で使えるようになる。v6でリリース

github.com

markAsPendingメソッドがstatusChangeイベントを発火できるようにする変更。 いままでVALIDINVALIDしか流れていなかったイベントにPENDINGが追加されるため破壊的変更としてv6でリリース

github.com

ES2015以上をターゲットにビルドされたアプリケーションはブラウザネイティブのclassを利用するが、 ネイティブclassの継承においてコンストラクタ引数のメタデータが正しく継承されていなかったバグを修正。

バグだったはずなのだが、なぜかfeatとしてコミットされたのでv6以降での修正になる。 そして最新のAngular MaterialのMatTableがCdkTableを継承しているので、Angular Materialを使っている場合はv5までtarget: es5縛りになる。あと1ヶ月の辛抱。

github.com

Angularライブラリ向けのng_packageBazelルールを @angular/bazelパッケージから提供する変更。 UMD、ESM、FESM、などの複合ビルドに対応する。

github.com

preserveWhiteSpacesオプションをデフォルトでfalseにする変更。 v5で導入されデフォルトをtrueにしていた。予告通りv6で破壊的変更となる。

github.com

Angular CLIからAngular v2とv4のサポートを外す変更。v6でリリースされる。