lacolaco

哲学者になりたいソフトウェアエンジニア / 技術的じゃないことを書きます

映画「RBG 最強の85才」を観た

映画公開時から気になっていたが観に行けてなくて、ずっと観たかった映画「RBG 最強の85才」をようやくNetflixで観た。

https://www.netflix.com/jp/title/80240086

www.youtube.com

1933年ニューヨーク、ブルックリンで生まれたルース・ベイダー・ギンズバーグ。弁護士時代から一貫して女性やマイノリティの権利発展に努めてきた彼女は、1993年にビル・クリントン大統領に女性として史上2人目となる最高裁判事に指名される。以降も男子大学の女性排除、男女の賃金差別、投票法の撤廃などに、弁護士時代と変わらぬ視点から、法の下の平等の実現に向けて果敢に切り込んでゆく。若者を中心に絶大な支持を得る「RBG」はいかにして誕生したのか?彼女を良く知る家族、友人、同僚が母として、友人として、働く女性としてのルースの知られざる素顔を語り、彼女を支え続けた夫、マーティンとの愛溢れるエピソードも描かれる、全米大ヒットのドキュメンタリー。

僕は実話を題材にしたドキュメンタリーやドラマが大好きなので、この映画もそれで気になっていたが忘れていた。去年の9月にギンズバーグ判事が亡くなったニュースを聞いたときに「そういえば」とこの映画のことを思い出し、Netflixで配信されてすぐマイリストに追加していたがようやく観ることができた。

www.bbc.com

内容は期待通りで、とてもおもしろかった。ドキュメンタリー好きにはぜひおすすめしたい。「シカゴ7裁判」もそうだが、アメリカは国自体の歴史が新しいからこういう国の歴史的瞬間にまつわる実話がせいぜい数十年前とかだったりして、鮮度が高いのも好きなポイントだ。

youtu.be