余白

lacolacoの余白は無限である

なぜ人が足りなくなるのか

人が足りないとはどういうことか

「人が足りない」というのは、「必要な人的資源」に対して「現有の人的資源」が不足しているということである。つまり、「人が足りない」を構成するパラメータは2つあり、「人が足りない」というのは2つのパラメータのバランスを表現しているにすぎない。「現有」が十分かどうかはそれ自体では判断できず、「必要」に対しての相対評価にしかならない。

2つのパラメータの状態は「A<B」「A=B」「A>B」の3種類しかない。そのうちのひとつが「人が足りない」状態である。

人が足りることはあるのか?

3つの状態「不足」「充足」「過多」は、それぞれどのような状況で起こると考えられるだろうか。

「人が十分」であるというのは「必要」と「現有」がイコールであるということだが、持続的にそういう状態になるためには「必要」が長い間変わらないという条件がある。「必要」が中長期的に変わらないことを見越して、それにマッチする人的資源を割り当てれば、「必要」と「現有」がイコールの状態が作れる。 逆にいえば、「必要」がダイナミックに変化するような状況では、「現有」は「不足」と「過多」を行ったり来たりすることになり、「充足」にとどまることはない。

では「人が余っている」状態はどのように起きるのだろうか。この状態が持続する条件はひとつしかない。それは「欲望を持たないこと」である。 何らかの欲望がある限り、「現有」はその欲望を満たすために使い尽くされる。そして欲望が満たされれば、それを前提として新しい欲望を生み出す。それが繰り返され、結局は「人が足りない」状態にまで到達してはじめて活動は停止する。

つまり、組織が何らかの欲望を持ってしまう限り、中長期的には必ず「人が足りない」状態にしかならない。人が増えたとしても、短期的には「充足」や「過多」になることはあるが、欲望はそれでも「不足」するような 新しい「必要」 を生み出してしまう。ましてや現実には組織から人が抜けることもあるのだから、組織が欲望を持つ限り、絶対に「人が足りない」状態にしかならないのだ。

「優先順位」で短期的な「充足」を作る

つまり、「人が足りない」というのは特殊な状態なのではなくて、むしろ欲望を持つ組織にとっては自然な状態、時間が経てばかならずそうなる基底状態であると言える。そうであるからこそ、組織においては優先順位が必要になる。

なんでもできる資源があるなら何から手を付けてもすべて達成できるのだから、優先順位について考える必要はない。優先順位を決めるというのは、「現有」を基準にして「充足」するまで「必要」を減らすということであって、「どの順番に欲望を諦めるか」を決める意思決定である。 言いかえれば、優先順位とは短期的な「充足」を作るための作業である。したがって、最優先だとされるものだけ考えてもまだ「不足」しているなら、その優先順位設定は失敗している。まだ欲望を削りきれていない。

「必要」をどこまで分解できるか

組織が欲望を持つ限り、「人が足りない」状態は不可避であるし、むしろ自然な状態である。そして、何かしらの目的を持った組織であれば欲望を持たないわけにはいかない。そうであれば、組織にできることはいかに短期的な「充足」を作るかである。

ひとつの方法は、「必要」をコントロールすること。少しでも多くの欲望を満たすための優先順位を決め、最優先の欲望に限れば「充足」している状況を作ることである。最優先の欲望すら「不足」するのなら、欲望の分解が足りていないか、もはや何の欲望も持てないまでに「現有」が少ない。後者であればすべてを諦めよう。

もうひとつの方法は「現有」を増やすこと。だが人を増やしたり、成長させたりして「現有」を増やすことができたとしても、それによって生じる「充足」はそれを前提とした新しい「必要」によって使い果たされる。そのため、「必要」のコントロールは、作り出した「充足」を少しでも長続きさせるためには不可欠である。

  • 「人が足りない」は欲望を持つ組織にとって不可避の自然状態である
    • 「充足」「過多」は欲望を持つ限り持続しない
  • 優先順位によって「必要」をコントロールすることで、短期的な「充足」を生み出すことができる
  • 最優先の欲望ですら「不足」するのなら、その優先順位付けは失敗している

優先順位に従って行動しないなら優先順位をつけても意味はない

承前:

lacolaco.hatenablog.com

lacolaco.hatenablog.com


  • 約束とは、未来における行為の宣言と、その承認である
  • 他者がどのように行為するかは、自己にとって不可知の最たるものである
  • 約束によって人は、本来はもっとも不確実なものである他者の行為を、未来について考えるための前提にできるようになる
    • 「明日は9時にどこどこに待ち合わせ」という約束がなければ、相手と会えるかどうかは不確実性が高い
    • 相手のこれまでの習慣や明日のスケジュールについての知識など、過去に得た情報だけが推論の根拠となるが、過去の事例を根拠とした推論はどこまでいっても確かなものにはならない
  • 約束は、未来についての真の命題(推論の前提にできる事柄)を無から生み出すことができる
  • 人びとの間に約束がなければ、未来についての推論において、根拠となるのは過去の事例についての知識だけである

  • 約束が破られると、その約束から生まれていた命題はすべて偽となる
  • 偽の命題を前提とした推論はすべて意味をなさない
  • 約束を反故にするということは、その約束を頼りに未来について考えていたすべての人のすべての推論・計画を破壊することである
  • 今だけでなく未来の生活について、行きあたりばったりではない見通しを立てるためには、約束は不可欠のものである
  • それゆえに、「約束を守る」ということは、持続的な人間関係において欠かすことのできない態度である
  • ある他者との間で交わした約束のひとつが反故にされたとして、その相手が他の約束については守ってくれると信じられる根拠はなにもない
    • そもそも「約束を守る」というのがその人間関係に対する態度から生まれる行為であって、約束を反故にしてもよいと判断された人間関係の上で他の約束が守られると考えるのは矛盾している

  • 優先順位とは、「その順に優先して選択する」ことの約束である
  • 「優先して選択する」とは、優先されたものがあるうちは、劣後されたものを選択しない、ということである
  • 優先順位に従わずに行動するということは、約束を反故にしているのと同じである
  • つまり、将来に向けたあれこれの見立てを根幹から崩す行為である
  • 優先されるはずのことに資源が不足しているにもかかわらず、劣後されるはずのことに資源が割り当てられているとしたら、その優先順位は無視されている

  • 同列の優先順位というものは背理であり、意味をなさない
    • なんらかの選択の必要があるから優先順位があるのであって、選択しなくてよいのであれば優先順位そのものが無意味である
    • もし選択するときになってどちらかを選べるのなら、それはもともと同列ではなかったのである
    • 同列の優先順位において選択が迫られれば、選べるのは優先順位の再定義か、選択を放棄するかのどちらかである
    • 「どちらも」は選択ではない
  • 意味をなさない優先順位は、何の約束にもならない

欲望の取捨選択について

  • 取捨選択は、資源の有限性から要請される
    • 資源が無限であるならば、あらゆる欲望をいかようにも満たし続けうる
  • 欲望を抱く限り、有限の資源が欲望に対して十分であるということはない

    • なぜなら、「欲する」ということがすでに「足らぬ」を含意している
    • むしろ、現在の資源では足らないという有限性の実感が欲望そのものである
  • 欲望の取捨選択とは、どの欲望の達成可能性を高め、どの欲望の達成を諦めるかという選択の行為である

  • 取捨選択は、欲望の優先順位にしたがったあらゆる物的・時間的・精神的資源の配分として行われる

    • その欲望の達成可能性を十分確実にするだけの資源を配分するか、資源を配分せずに諦めるかという選択である
  • 義務、命令、「やらねばならないこと」は、その主体の欲望による行為ではない

  • 義務は、欲望と同列に取捨選択できる対象ではない
  • 資源の配分は、有限の資源から、諸義務に必要な分を差し引いた中でのみ可能である
  • もしも、諸義務について諸欲望と同列に資源配分の優先順位がつけられるのであれば、それは義務ではない
  • やらねばならないとされながらも、それを可能とする資源が配分されていないのならば、その達成は義務ではない
  • 優先度が高いとされながらも、それを可能とする資源が配分されておらず、かつそれよりも優先度が低いとされる欲望に資源が配分されているのならば、その欲望の実際の優先度は他よりも低い
    • 考えてみよ。優先度が高い欲望の達成について資源が不足しているにもかかわらず、余剰の資源が他の欲望に配分されるとするならば、その欲望よりも他の欲望へ向ける資源の充足度が優先されたということである。つまり、その欲望は達成できずともよいと判断されたことにほかならない
  • 欲望の達成を可能とする資源を配分しないことは、確実な達成を諦めたことと同じである
  • 以上の帰結として、資源の配分は、義務の遂行に必要なものを差し引いたうち、もっとも優先される欲望に十分な量を配分し、その残りを次に優先される欲望に向け、資源がなくなるまでこれを繰り返すほかない

  • 欲望の優先度が拮抗し、同列となった場合、その両方に十分な資源を配分できなければ、どちらかを諦めて片方への配分を十分にするか、どちらにも不十分に配分して達成を不確実にするか、どちらかしか選べない

    • だが、前者を選択できるならば、それは同列ではなく優先順位がつけられていたことを意味する
    • つまり、複数の欲望を真に同等に優先する場合、両方を十分に可能とする資源が無い限りにおいて、両方の確実な達成は諦めるほかない
  • 欲望の優先順位を誤るということは、資源の扱いを誤ることである

  • やらねばならないこと、やるべきでないことの判断を誤るということは、重用しなければならない人・物、忌避すべき人・物の判断を誤るということである

トマス・ホッブズ『リヴァイアサン』の言語論

トマス・ホッブズリヴァイアサン』は一般に自然法や国家論について述べられた本だと認知されているが、その実、かなり射程の広い本だ。その理由は、彼もまたデカルトと同様に合理主義哲学者であり、国家とは何かということを考えるための出発点は人間の本性(と聖書)にしか根拠を置かなかったからだ。ゆえにこの本の第一部は『人間について』である。

いうなれば、『リヴァイアサン』は「国家」というものを素因数分解した哲学である。国家という概念を構成する要素を因数分解していき、たしかめ可能な最後の要素まで追い詰めた。そしてスタートラインとなるのは、デカルトの「我思う故に我あり」と同じく、人間の感覚と思考である。ホッブズは人間精神を前提とした論理的な推論から国家の本質を説明した。

したがって、『リヴァイアサン』は国家論の哲学であると同時に、その大部分は人間の本性についての哲学である。その内容もなかなか的を射た、おもわず唸らされる論理展開が多い。国家論に興味がなくとも、『リヴァイアサン』から学べることは今でも多いだろう。

そこで本稿ではトマス・ホッブズの言語論、言語の本質についての記述を『リヴァイアサン』から取り出してみようと思う。対象とするのは、第一部の第一章から第五章である。

第一章 感覚について

この章の主旨は、次の2点にある。

  • 思考とは、私たちの外部にある物体(対象)を心に思い浮かべることである
  • 思考を生み出す「感覚」とは、対象から受けた刺激により形成された心象である

ここでは、人間がある対象を思い浮かべて思考するとき、その思い浮かべられたものは対象そのものではなく、対象から身体が受けた感覚によって、自らの心のなかで形成された心象であると記述される。

実体としての対象はその内部に、私たちの側に生じる心象をそなえているように見えるが、対象と心象は別物である。したがって、感覚というのはあくまでも、その場で新たに形成される心象だということがわかる。

つまり、これは認識論としては対象そのものと、現象の認識を分けて考えている。そして、心象が「その場で形成される」ものとしているのが興味深い。つまり、一切の認識は信憑・確信であるということに加え、その確信形成の根拠は内的なものであることがはっきりしている。このことが第四章、第五章において重要になる。

第二章 イマジネーションについて

この章の主旨は、次の3点にある。

  • イマジネーションとは薄れゆく感覚である
  • イマジネーション記憶は同一である
  • 「理解」とは、記号に想起されるイマジネーションである

ホッブズはここで、感覚=心象が対象とは切り離され、一度形成されたあとは対象と別様に有るということを、イマジネーションという概念で説明する。 イマジネーションとは、空間的距離や時間的距離によって次第に薄れていった心象であり、希薄化した心象のことをわれわれは記憶と呼んでいる。

また、薄れてしまったイマジネーションは、なんらかのきっかけで再び想起されることがある。 われわれが何かを「理解」しているというのは、なんらかの記号によって特定の心象を想起するということにほかならない。

第三章 イマジネーションの波及ないし連鎖について

この章の主旨は次の点である。

  • 思考の連鎖とは、ひとつの思考が他の思考につながることである

思考は一度始まると、次々に他の思考に連鎖する。これはイマジネーションの連鎖である。 つまり、思考によって思い浮かべられた心象が刺激となって、別のイマジネーションを想起させ、それについて思考するとまた再び別のイマジネーションが想起される。

このような思考の連鎖は、人間が理性を持った動物として生得的に発揮する知力である。そして、人間が持つ知力の中で、努力の必要なく発揮される能力はイマジネーションの働きだけであるという。 人間の知力には感覚、思考、思考の連鎖(=イマジネーションの働き)以外はない。それ以外の人間固有のあらゆる能力は、言語を操る能力と、それによって考えを秩序立てる推論の能力によって高められている。

第四章 話す能力について

いよいよ言語について語られる第四章の主題は次の点である。

  • 話すとは、思考の連鎖名称の配列に変える行為である
  • 言語によって、因果関係を記憶しておくことが容易になる
  • 二つの名詞を組み合わせると一個の命題ないし断定が得られる
  • 学問とは、名称を正しく定義し理解することである
  • 理解とは、語句の配置や構成によって表される思考を把握する行為である

第三章で述べられた思考の連鎖は、それが思考である限り記憶したり伝達することは難しい。 だが、人間は言語によって自分の思考を記憶にとどめ、言葉をきっかけに過去の思考を思い起こすことができるし、自分の思考を他人に伝えることができるようになる。 いいかえれば、「話すという行為の一般的な効用は、思考の連なりが言葉の連なりに変わるというところにある」という。 つまり、「話す」とは、思考の連鎖を名称の配列として言語化することである。

特にこの章で面白いのは、名称は勘定に入れられるものに与えられるという考え方である。「勘定に入れられるもの」とは、足せば和が得られ、引けば差が残るもののことである。

ホッブズは、同じ物であっても、偶有性(付随的性質)が異なれば別々に勘定されることがあるという。例えば、ただの「食べ物」ではなく分けて数えたいから「くだもの」という名が与えられ、同様に「リンゴ」という名で分けて数えられる。そして同じ「リンゴ」でも、それを産地ごとに分けて勘定するのならば、「国産リンゴ」や「外国産リンゴ」のような名称が与えられるということだ。

これはつまり、名前というのは人間の都合で「分けたいもの」に応じてついているということであって、物に名前を割り当てているのではなく言葉が世界を分節するという意味で実にソシュール的である。17世紀にしてすでにここにたどりついているのは慧眼というほかない。

そして、第三章でも触れられた「理解」は、言語能力によって人間固有の理解能力としてあらためて説明される。 すなわち、理解とは、語句の配置や構成によって表される思考を把握する行為である。 いいかえれば、「思考の連鎖」を「言葉の連なり」に変換する「話す」とは正反対に、逆に「言葉の連なり」から「思考」を読み取ることが「理解」である。

何らかの話を聞いて、使われている語句の配置や構成によって表される思考が把握できたら、その話を理解したと言える。

つまり、「理解とは、言語がもたらす概念にほかならない」

さらにホッブズは、理解の個人差についても述べている。同じ言葉=記号であっても、人によってどのような意味を理解しているかどうかは違うことを、次のように説明する。 感情を刺激するものを表す名称は、意味が一定しない。なぜなら、刺激が同じであっても人によって受ける作用が異なるし、刺激を受けるのが同一人物であっても毎回同じ作用を受けるとも限らないからである。 また、あらゆる名称は、私たちが思考する概念を表すために付けられるものであって、思考の本源は感覚=心象であった。

同一物に対して異なる概念を抱くならば、名称も別にならざるをえない。 また、私たちが理解するものの本質が同じであっても、私たちの気質や主義の違いのために理解の仕方はおのずと違ってくる。 つまり、同じものに対しても、ひとりひとりの気質や主義の違いによって異なる名称を使うことがあるし、名称はそれが感覚、感情に関するものであればあるほど意味が一定しない。 「言葉にはその本質として想定するものの他に、話し手の関心や性質も表明される」ということである。

ある者が善と称するものを他の人は悪と称することがある、そういったことの原理をこのように説明しているが、かんたんには隙を見つけられない鍛え抜かれた論理である。

第五章 推論および学問について

言語によって可能になったもうひとつの能力「推論」について、第五章の主旨は次の点である。

  • 推論とは名称の配列を使った演算である
  • 人間が「絶対に正しい推論」を下すことは不可能である

第四章では思考の連なりを言葉の連なりに変換し、名称によって思考を想起することを「理解」と定義した。 ここでは、人間はそうした言葉の連なりを「演算」に用いる能力があることを説明している。

推論とは、ある額にある額を加えると合計いくらになるか、またはある額からある額を引いたら残りいくらになるかを考えることである。 ホッブズいわく、幾何学が線や図形において演算を行うように、論理学者は言葉の配列を対象として演算を行うのである。

すなわち、二つの名称を組み合わせて断定をおこなう。次に、二つの断定を組み合わせて三段論法を組み立てる。そして、いくつもの三段論法を重ね合わせて一つの論証をおこなう。

だがここで重要なことは、人間が「絶対に正しい推論」を下すことは不可能であるということだ。 数の計算と同様に、どんな人でも推論にあたって錯誤に陥ることがある。それは言葉を使った演算でも変わらない。誤りの可能性は人間の演算において不可避である。

個人にせよ集団にせよ、およそ人の下す推論は正しいとは限らない。

したがって、論理の展開をめぐって論争が起きたときには、何らかの裁定者・審判者が必要となることが明らかになる。さもなくば、暴力によって相手を黙らせるしかない。

なぜなら、自然界の生み出す正しい推論などというものは、そもそも存在しないからである。

人間の推論能力についてのこの原理が、人間の集団において「裁判権」がその支配と密接不可分になることと大きく関わっていく。ここまできてようやく『リヴァイアサン』の国家論の影が見えてくるが、これでもまだ第五章である。このあともまだまだ人間の本性についての論理展開が続いていく。


ホッブズが活躍した17世紀は近代哲学のはじまりであるが、『リヴァイアサン』で語られるあれこれの本質は、2、300年後の哲学者たちがたどりついた答えをすでに言い当てていたのではないかと思える。 今回は『リヴァイアサン』の序盤を言語論として読んでみたが、言葉の本質を記号とその意味に分け、その結びつきは勘定都合という恣意的なものであるというのは、はっきりとソシュールの「シニフィアンシニフィエ」の言語哲学に重なっている。 影響を受けたのかどうかは知らないが、トマス・ホッブズという哲学者は国家論を抜きにしても偉大な哲学者であることはこの点からも間違いない。

約束について

  • 約束は、言葉を交わすことによって、それまでに存在していなかったひとつの命題を生み出す
  • 論理的な思考(推論)とは、2つの命題から三段論法を導き、三段論法を重ねて結論を導くことである
    • 命題は2つの名称を並べて作られる
  • 約束は、それまでは無関係だった2つの名称から新しい命題を生み出す、あるいは確率的な推測にすぎず蓋然性が低かった命題を真であると(対義語は偽である)定義しなおす
  • 推論は、真なる命題の重ね合わせから結論を導く
  • 結論の前提となる真の命題が加えられることは、その結論の蓋然性・信憑性・確実性を高めることになる
  • 推論を組み立てる中に偽の命題が入り込めば、その推論は意味をなさなくなる
  • 約束は、未来における命題を、それが果たされることを前提として真とする
  • 約束を反故にすることは、その約束によって生み出された命題が偽となることを意味する
    • つまり、偽の命題を真であると定義したことと同じであり、嘘をついたことになる
    • また、果たすことが不可能な約束をすることも同じである
  • 約束は、未来のことを予測するうえで、その不確実性を取り除くための材料となる命題を人間どうしで言葉を交わして作り出すことができる
    • 「明日は9時にどこどこに待ち合わせ」という約束がなければ、相手と会えるかどうかは不確実性の高いものとなる
    • 相手のこれまでの習慣や明日のスケジュールについての知識など、過去に得た情報だけが推論の根拠となるが、過去の事例を根拠とした推論はどこまでいっても確かなものにはならない(真なる命題たりえない)
    • 約束は、未来についての(それが守られる限りは)真なる命題を無から生み出すことができる
  • 約束が作り出す命題は、自分以外の他者の行為についての命題である
    • 人は自己にコントロール可能なこと以外を約束することはできない
      • 「明日は雨が降る」ということを予測しても、それは約束とはなりえない(単なる推論結果)
    • 他者がどのように行為するかは、自己にとって不可知の最たるものである(他者性)
    • 推論にあたって、もっとも不確実なことをもっとも確実なことに転回させるのが約束である
  • 未来についての推論は、その約束が作り出す命題を出発点とすることができる
    • 「明日は9時に待ち合わせ だから 8時に出発すれば間に合うだろう」
  • 人びとの間に約束がなければ、未来についての推論において、根拠となるのは過去の事例についての知識だけである
    • 過去の事例についての知識から、一般的な法則を使って計算していく
    • 過去の事例というものが、そのときのすべての状況的要素を記憶できているわけではないため、この種の推論はかならず不確かなものになる
  • 約束だけは、未来についての推論においてたしかに真なる命題として根拠となりえる
  • それゆえに、約束を反故にするということはあらゆる未来についての推論を破壊することになる
  • ある推論の結論は、それ自体がひとつの命題となって次の推論の根拠となるため、ひとつの命題が偽であることがわかれば、そこから連鎖的につながったすべての推論が意味を成さなくなる
  • 今だけでなく未来の生活について、行きあたりばったりではない見通しを立てるためには、約束は不可欠のものである
  • それゆえに、「約束を守る」ということは社会的な善であり、道徳的な規範として広く共有される
  • だが、約束は言葉によって交わされただけで、破られうるという意味での不確実性を持つ
    • 過去の事例についての知識は、(未知の事実の発見によりそれまでの知識が覆ることを除けば)知識それ自体は確実なものであるが、ある事例の原因であるすべての情報を把握することは不可能であるため、その意味で推論の根拠としての不確実性を持つ
  • それゆえに、約束には実効性が強く問われることとなる。約束が果たされるかどうかの蓋然性は、そのままその約束によって可能となる命題の蓋然性と等しい
  • 約束に実効性を持たせるためのもっとも一般的な方法は、約束を反故にすることへのペナルティを設けることである
    • これは、約束した当事者全員にとっての未来の推論(見積もり)において、約束を果たした上での未来と、約束を反故にした未来を比較した際に、後者のほうに十分な不利益が生じなければ意味がない
    • 誰か一人でも、ペナルティを受けたとしてもその後の未来においてそれと釣り合う以上の利益があると見積もることができてしまえば、約束は反故にされてもしかたがない
  • だが、どれだけ約束を重ねても未来の不確実性がなくなることはないため、どれほどのペナルティであれば確実に実効性を持たせることができるかも正確に見積もることはできない
  • 約束を守ることを社会的正義であるとする道徳的な規範精神は、この見積もりの不確実性をある程度はカバーする
    • たとえペナルティが十分なものでなかったとしても、それが道徳に反するという各人の意識において抑制されるのであれば約束は果たされる