lacolaco

哲学者になりたいソフトウェアエンジニア / 技術的じゃないことを書きます

哲学

ソフトウェア設計を学びたい人々にまず教えるべきことはテスト技法ではないか

根本の問題意識 ソフトウェアの設計スキルはどのように獲得する(させる)ことが効果的であるのか ソフトウェアアーキテクチャの目的 そもそもソフトウェアアーキテクチャはどのような欲望を満たすための方法か ソフトウェアアーキテクチャの目的は、求めら…

してほしいことはお願いする

○○してもらえるとうれしいです。 あるいは ○○していただけると幸いです。 これらは個人的「言わないように気をつけていることば」ランキングの上位に入る。 うっかり言ってしまった日にはひとりで反省しているが、ひとりで気をつけているだけなので誰にも押…

問題はどこにもない

QuestionではなくProblemとしての「問題」についてのlacolacoの考え方 「事実として問題であること」はどこにも存在しない まず、「事実」なるものの存在を否定する まさしく事実なるものはなく、あるのはただ解釈のみ (ニーチェ『権力への意志』) 当然、「…

決める場と考える仲間

場と人間の関係性、そしてチームをつくるということについて。 「決める場」 ある事柄に関して、決定権をもっている「場」を指す 例: 取締役会、株主総会、経営会議、... 多数決、あるいは議長による判断、なんらかのルールにそって合意形成をする場 「考え…

「本音」の在処

ぼくは「なんだかんだ言っても本音ではこう思っているのであろう、それならば本音で語るべきだ」という「本音主義」とでも言うべき考え方があまりすきじゃないんだよな— しんぺいくんさん (@shinpei0213) 2020年8月11日 自らの「素朴な実感」や「本音」を一…